うつの原因と症状を考える【心に原因がある時は心療内科を受診】

ハート

生活ぶりをよく知る医師と

うつ病は症状病前性格が異なるものなどさまざまな角度から区分されており、それぞれに適した治療が必要です。実際の治療はチームで行われるため、医師以外のスタッフもしっかりと見極め、生活面も含めたサポートができるかを判断していくことが大事です。

詳しく見る

カウンセリング

休んでいるようで消耗

うつ病の症状により行動量が減り、その分、休んでいるように見えて、頭の中をマイナス思考が駆け巡り体力や知力を消耗しています。治療は基本的に保険診療ですので、費用面も含め相談にのってくれる医師のもとで治療を進めていくことも大事です。

詳しく見る

男性

精神疾患について知る

うつ病は、心と体の両方に様々な症状が現れます。慢性的な倦怠感や憂鬱感、風邪のような症状が長く続く場合、うつの可能性が高いと言えます。気付いたときに早めに病院を受診し、早期治療を開始することが大切です。

詳しく見る

男性

心の病気のケア方法

うつ病を発症した場合には、症状に合わせた抗うつ剤の服用によって治療を行っていきます。また、十分な休養をとることも立派な治療の一つです。仕事や家事のことを周りに任せ、しっかり休息を取り心のケアを行い、完治を目指しましょう。

詳しく見る

心身症は心の治療が大事

病院

とりあえず診察を受けよう

お酒の飲み過ぎで頭痛がする場合や、傷んだ物を食べてお腹を壊すのは至って普通のことです。ところがそれらの症状はストレスが原因でも引き起こされ、心因性の体の諸症状は心身症として区別されています。症状から察すれば該当の内科を利用するのがセオリーですが、うつ病など、心に原因がある時は心療内科を受診するのが正解です。心身症は頭痛や下痢だけでなく、胃潰瘍になる場合もあるため、重症化する前に心療内科で診てもらいましょう。しかしながら、国内に数十万人居るとされる医師の中でも、心療内科医は千人に満たないとも言われています。そのこともあり、心身症の治療では精神科医が当たることも少なくありません。例えば精神科医が居るメンタルクリニックでは、精神科と心療内科の2つの医療を提供している場合が多くなっています。うつ病などで体を壊した時は活用できますから、お近くで心療内科医が見当たらない際は利用してみると良いでしょう。また、うつ病やストレスの自覚がない場合、心身症かどうかの判断も付きにくいのですが、もしも一般内科で治しても簡単に再発するようなら、心身症の疑いが捨てきれません。ですからうつ病を自覚している場合はもちろん、そうでない時も、心療内科や精神科を利用するのが肝心です。入院施設や広大な敷地を備えた大型の精神病院も確かにありますが、通常の精神科はほかの外来と同様に、通いやすいのが一般的です。また、心療内科を併設するメンタルクリニックではオシャレな雰囲気の医院も見られ、敷居の高さを感じさせない診療所も珍しくありません。うつ病は治療が早ければ早いほど治りも良いため、うつ病かなと感じましたら、病院で相談するのがおすすめです。予防医療も推奨されていますから、うつ病かどうかハッキリ分からないという段階でも、安心して受診できます。心療内科や精神科を受診される方は多種多様で、本当に重い症状をお持ちの場合もあれば、愚痴などをこぼしに来るだけの患者さんも少なくないとのことです。重い症状の方へは緻密な判断で薬を処方する一方、殆ど症状が見られない患者さんなら話に耳を傾けることに従事するなど、うつ病の専門医は連日様々な患者さんを診ています。そのため細かなことを気にする必要はありませんので、とりあえず診察を受けてみるといった感覚で足を運ぶのも良いでしょう。ただし診察時間には限りがありますから、悩んでいる症状や気になる部分など、先生に話しておくべき内容を予め書き出しておきますと、当日にしゃべりやすくなります。