うつの原因と症状を考える【心に原因がある時は心療内科を受診】

休んでいるようで消耗

カウンセリング

保険診療で受診を

うつ病の時には疲れて何も出来ないというのはある程度知られていますが、実は休むことさえもうまくできなくなっている状態です。周囲から見れば、疲れて何もできないというのが休んでいる状態に見えますが、本人はゆっくりと休むことができていないことがよくあります。うつ病のときはうまく行動できない、うまく休むこともできない状態になっていることがほとんどです。周囲からみて何も活動していないように見えても、マイナス思考で考え続けているので、体力や気力をどんどん消費し続けている状態になります。そのため、病院を受診して症状をきいた医師がゆっくり休むように促しても、それがなかなかうまく出来ずに症状改善の妨げになってしまうというのがうつ病です。基本的にやる気が起きないなどの症状が出て、行動量が減ってしまうことが多いので、その分、マイナス思考での考えすぎが強まります。そのため、無理をしない範囲で行動するというのも大事なことです。なかなか行動ができない場合には、マイナス思考になりすぎるのを防ぐために、抗不安薬を一時的に頓服で使用するのも有効とされています。薬物治療に抵抗がある人もいますが、症状をまずは緩和させることを優先するためにも必要なことです。うつ病による精神科での診察には保険診療・自費診療があり、大半の医療機関は保険診療です。それぞれ持っている保険証によって異なりますが、1割か3割の人がほとんどですので、初診は3割の人で3000円、再診で1500円ほどかかるでしょう。これは、あくまでの医師の診察費ですので、より正確な診断をするために症状の出方によっては、心理検査や血液検査などを行うこともあるのでそれは別に費用がかかりますし、薬を処方されればそれも別途です。3割負担の人が定期的に一箇所の医療機関を受診して、医師が継続してうつ病の診療を行うことが必要だという診断書を発行した場合、自立支援医療という制度を利用可能です。この制度は数年に一度、制度の見直しが行われているので、利用するときには自治体や保健所に最新の情報を問い合わせるようにします。もしくは、かかっている医療機関にソーシャルワーカーがいる場合には、そちらに相談すれば経済的なことも含め相談にのってくれます。一方、自費診療のケースでは、心理カウンセリングなどがあり、初回は1万円前後、2回目以降は7000円前後かかることが多いです。どんな症状なのか、必要な治療法なのかを見極めることも大事になります。