うつの原因と症状を考える【心に原因がある時は心療内科を受診】

心の病気のケア方法

男性

治療に必要なこと

うつ病に悩む人々が増えてきています。ストレスによって生じるうつ病は、心や体に様々な症状をもたらし、徐々に自分自身を蝕んでいきます。完治のためには、しっかりとした通院と、早めに病気に気付くことが重要になります。またうつ病の治療には、基本的に抗うつ剤と呼ばれるものが使われます。抗うつ剤にも様々な種類があり、現れている症状によって処方されるタイプが変わります。基本的には脳の神経に作用し、不安感を抑えたり、やる気を出したりなどの効果が現れます。しかし服用したらすぐに効果が現れるものではなく、長期間服用を続けることで少しずつ効果が現れてきます。飲んで効果が出ないからと言って焦らず、医師に言われた用法、用量を守って服用を続けることが大切です。また、症状によっては睡眠薬などの特殊な薬が処方されることもあります。精神疾患の症状緩和のために処方される薬は、薬局で買えるようなものではないので、取り扱いには注意が必要です。とくに睡眠薬などの薬は、用法、用量を間違うと重大な副作用が現れてしまうこともありますので、十分注意して服用をしましょう。また薬の服用と併用し、医師との対話による治療も受けましょう。人との対話も、治療を行う上で心をコントロールさせるために大切なことです。また、自分で工夫出来る治療法もあります。まず、うつ病の治療において大切なことは、十分な休養を取るということです。うつは立派な病気です。仕事を休めない、育児を休めない、家事に手を抜けない、など様々な理由から、自分の休息の時間をないがしろにしてしまう患者が多いですが、休むということは心を落ち着かせるために必ず必要なことです。職場にきちんと話し、休職出来る場合には休職手続きを行いゆっくり体と心を休めましょう。また、育児や家事を投げ出せない、というような人も、夫や両親に病気のことを話し、少しの間一人の時間を設けてみましょう。一時保育やベビーシッターなど便利なサービスもありますので、利用すればどうにか自分の時間を作ることは出来ます。たっぷりと休養を取ることで、ストレスから解放され、徐々に心が落ち着き症状が緩和していくことが多いです。自分を追い込まず、周りの人の理解を得てしっかり休養を取りましょう。治療に休養は、必ず必要です。症状の重さによっては、社会から離れ入院することもあります。医師と相談しながら、工夫して休養を取りましょう。このように、治療には長い時間が必要です。しっかり休養を取りながら、焦らずゆっくり治療を行っていくことが重要です。