うつの原因と症状を考える【心に原因がある時は心療内科を受診】

精神疾患について知る

男性

完治のための方法

うつ病について知っておくと、自分が発症した時に気付きやすいというメリットがあります。うつ病は様々なストレスが原因となり発症する精神疾患の一種で、誰でもなり得る可能性があります。特に、真面目で責任感が強い人ほどなりやすく、またそのような人ほど完治が難しく、治療にたくさん時間が必要な場合が多いです。症状の特徴の一つが、心と体の両方に現れるという点です。心に現れるものとしては、倦怠感、絶望感、不安感、自己嫌悪などの気持ちが続くということが挙げられます。気の合う友人や大切な家族といても心が晴れない、趣味に没頭しようとしてもやる気が起きない、という状態が続いている場合は病気の可能性が高いと言えます。また、体に現れるものとしては、悪寒、吐き気、頭痛、めまい、だるさなどがあります。風邪の症状とよく似ているため、自分で判断することは難しいですが、心に現れるものと同時にこのような症状が現れている場合、注意が必要と言えます。自己判断で病院へ行き正式にうつであると判断されたら、抗うつ剤による治療を行うことが一般的です。抗うつ剤は、上記のような症状を和らげ、心をコントロールさせるために必要な薬です。決められた用量を服用することで、少しずつ症状緩和をはかることが出来ます。自分でうつではないかと感じたら、すぐに病院へ行くことが必要ですが、なかなか腰が上がらないという人も多いです。特に精神疾患になってしまうような人は真面目で責任感が強い人が多いため、病気なはずはない、会社を休めない、逃げることは出来ないという気持ちから、現れる症状から目を背けてしまいがちです。しかし、うつ病の治療は出来るだけ早めに開始することが、一番大切になります。症状が比較的軽いうちに薬の服用を開始することで、薬の効き目も良くなるからです。自己判断が難しい場合は、インターネットサイトなどで出来るうつのセルフチェックをしてみると良いでしょう。簡単な質問に答えるだけで自分が病気かどうかを客観的に知ることが出来るというサービスで、サイトにアクセスするだけ簡単に出来ます。うつの可能性が高いと診断されたら、すぐに病院へ行きましょう。また病院へ行く際には、予約をしていくと良いでしょう。初回では様々な検査のほか、医師とのカウンセリングの時間も長くとられるため、かかる時間をあらかじめ聞いておくこともおすすめです。特にカウンセリングは、対話によってストレスの原因を探ったり、治療の方法を決めたりするなどとても大切な時間です。うつを完治させるためにも初回は余裕をもって臨み、自分に合う治療方法をしっかりと見つけましょう。